読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママごころ

育児って大変.°(ಗдಗ。)°.でも喜びもたくさん(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾そんな育児の事や使って良かった物などを紹介していきます♪

我慢できない!産後の陰部の腫れや痛み。和らげる方法

出産・育児
赤ちゃんが生まれ幸せな赤ちゃんとの生活が始まると思っていましたが…出産に30時間かかった為か、産後、陰部の痛みと排尿、排便の辛さに悩まされ、一時はトイレに行くにも恐怖を感じていました。
そんな私が実際に試した方法を2つご紹介させて頂きます。


天然アロマオイルを使って

産後、陰部縫合後、縫合の後が腫れて座るのも痛みを感じたり感覚がなくなり力の入れ方が分からず、便秘になりトイレに行くにも恐怖を感じる悪循環の中、活躍したのがアロマオイルです。
アロマオイル???と思うかも知れませんが私は産後、色々な所(乳腺炎の時など)でこのアロマオイルに助けられています。
ラニュームオイルやラベンダーオイルには、心を落ち着ける癒しの効果と冷やす効果があります。
その効果を利用し、悪露シートの他に「手作りのアロマシート」を乗せて使用することで陰部の腫れや痛みが緩和されました。一度、多めに作っておくと袋に入れて冷蔵庫で保管出来ますので便利です。私は、20枚ぐらい使用しました。

手作りアロマシートの作り方
用意するもの
ガーゼ(キッチンペーパー)10枚
水 適量
アロマオイル(ゼラニュームオイルかラベンダーオイル) 2滴
ビニール袋
 ※ガーゼは洗って繰り返し使えるのでエコでコスト削減になります。
 キッチンペーパーは悪露シートと一緒に捨てる事が出来るので、手間を省けます。
 ガーゼを使うかキッチンペーパーを使うか上記の事をふまえママちゃん自身で選んで貰って大丈夫です。
ちなみに、私は面倒くさがりなのでキッチンペーパーにしました。(笑)

さて、上記の物が用意できましたか?
作り方を書いていこうと思います。
  1. ガーゼ(キッチンペーパー)を悪露シートより少し小さめのサイズに折る。何枚か作っておくと便利です。
  2. 折ったガーゼ(キッチンペーパー)をビニール袋の中へ重ねてグチャグチャにならないように入れます。
  3. ガーゼ(キッチンペーパー)がヒタヒタになるぐらい水を適量入れます。
  4. 用意したアロマオイルを2滴ビニール袋の中に落とします。
  5. ビニール袋を軽く結んでアロマオイルが行き渡るように少し揉みます。
  6. 出来上がり。
※悪露シートを交換する時にアロマシートも交換して下さい。

産院に軟膏をもらう

助産師さんへ陰部の痛みを伝えれば軟膏を処方してもらえます。
この軟膏はステロイドが入っているため、魔法の薬と言われるほど効き目は抜群です。
ステロイドが入っているので、使い方を間違えると大変な事になりますので助産師さんから教えてもらう使用方法を守って使用して下さい。
私はステロイドが怖いので、アロマシートと併用しあまり軟膏を使わないようにしていました。

使い方さえ間違えなければ、とても助かる軟膏ですので、使ってみるのも良いと思います。良いと言われるものは色々試してみると、ご自身に合った方法がきっと見つかるはずです。

 あれはダメ、これはダメが増えてきて、ママちゃん達への負担が増えているように感じます。ママちゃんも人間です、笑顔になれない時には色々なものに頼ってみて下さい。一般的にはダメなものでもママちゃんご自身には合っている事があるかも知れません。

ストレスに耐え忍ばないで…
そのストレスに恐怖しないで…
みんな同じ気持ちでママちゃんしてます
貴方だけではないので心配しないでください。
私もその1人です。
貴方の気持ちの支えになれたら…
なんて、おこがましいですが…
少しでもママちゃん達の笑顔が増えたら良いなぁ〜と思いながらこれからも書いていきたいと思います。

途中から脱線してしまいましたが(笑)
最後まで観覧ありがとうございました。